YouTube動画ホラーチャンネル
色々な映画や動画を判り易く解説付きでまとめました。個人的趣味でホラー中心です^^
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閑話休題?A級、B級について
いつもいつも当ブログをご利用頂き、誠に有難うございますm(_ _)m

暑い日が続きますが皆さんご健康にお過ごしですか?
夏休みと言う事で、学生の方々も閲覧頂いていると思いますので、
ここでA級映画、B級映画と言う呼称について一言^^

ネットなどを日々拝見しておりますと意外やこの呼称について間違った
解釈で使用しておられる方が多いので言及しておきます。

A級B級と聞くと、単純に映画の出来を指すものと思いがちですが、
それは誤った解釈です。
そもそも、そういう解釈になりますと、その出来を決める基準や、人が
必要になります。

興行収入に関しても同様です。いくらまでがA級でいくらだったらB級
なのか指針はありません。

A級B級の呼称における正しい解釈は、
1、製作金額
2、配給会社が大手メジャーであるか
3、公開されたかどうか(DVD及びビデオスルーも多いので)
4、上映が単館上映かどうか
などかと考えます。
製作金額に関しては時代によって通貨価値が違うので、一概には言えませんが
10億を下ると昨今ではB級と言えるかも知れません。

解り易い比較は、音楽CDです。
音楽CDにもマイナーレーベル(日本ではインディーズですか)とメジャーレー
ベルがあります。
では、マイナーレーベル(インディーズ)が出来が悪いかと言うとそうでもありません。
特に海外では、敢えてマイナーレーベルで活動している実力派ミュージシャンも少なく
ありません。
メジャーでも、人気先行で実力のない人も多々います。

映画にも同様の事が言えます。
予算がないのは困るけど、描きたい事が描けないメジャー配給を嫌う監督は多くいます。
よって敢えてメジャー配給を避ける作家は沢山いるのです。
なので、A級なのに出来が悪い、B級なのに出来が良いと言う作品は多く存在する訳です。
つまり、出来云々がA級B級を分けるものではありません。
ここは是非押さえておきましょう^^

よってC級以下は存在しませんのでお間違いない様に^^

もう一つ解り易い例を出すと、最近流行りのB級グルメですねw
安いけど美味い。
これと同じです。

これからも、当ブログをお楽しみ下さいm(_ _)m

押してもらえると励みになります^^
ブログランキング【くつろぐ】

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ
にほんブログ村







スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。